ヘタりにくいのはどれ? 王道ビーズソファ「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」徹底比較!その2

ヘタりにくいのはどれ?

〜王道ビーズソファ『無印良品』vs 『ニトリ』vs 『ヨギボー』徹底比較!その2

 

更新:2018/8/31

人をダメにするビーズソファといえば、2013年に爆発的ヒットを遂げた無印良品「体にフィットするソファ」、低価格で提供するニトリ「ビーズソファー(Nストレッチ)」そしてYogbo(ヨギボー)「快適で動けなくなる魔法のソファ」の3ブランドをおさえておきたい。

王道ビーズソファーの徹底比較

無印良品ニトリヨギボー比較

ビーズソファを選ぶ上で、とても大事な点が”ヘタりにくいのかどうか”なのだ。これは、ビーズソファを使った人にしかわからないのだが、使っていけばほぼ必ずヘタる。

ただ、ヘタるといってもどの程度ヘタるのか、どの程度の年数使えるのか、それはビーズソファ、無印良品・ニトリ・ヨギボー各社によって異なる。

むしろ、”ビーズソファのヘタリ対策”は、ビーズソファの基本スペックだけでは判断できない、企業努力の本領発揮といってもいい!

チェックアイコンビーズソファーの公式オンラインショップ

無印良品

VS

ニトリ

VS

Yogibo

 

ところで、ビーズソファーがへたるってどういうこと?

 

早速画像で確認してみよう。

 

ビーズソファがヘタるってこういうこと

まずお見せするのが、ニトリビーズソファの使用前・使用後。ビーズソファがヘタるってこういうことです。

ニトリビーズソファ へたり
from 瑠璃色日記

3年間の使用後のニトリビーズソファのヘタリ具合が、すごい。

繰り返しになるが、ビーズソファは使っている間に多少はヘタる。だが、ここまでヘタるとは・・・

ニトリビーズソファ用に、充填ビーズの販売もあるものの、カバーも完全にヘタって使い物にならない。ヘタリすぎると、座った時にお尻が痛くなってソファとしての意味をなさない。

チェックアイコン当記事の主旨

正直こんなヘタリできるだけ避けたい。

ビーズソファを年単位で使っていく中で、“ヘタりにくいビーズソファ”は一体どれなのか最初から知っておこう。というのがこの記事の主旨だ。

チェックアイコン無印良品vsニトリvs ヨギボー

ビーズソファ比較の関連記事

矢印・アイコン王道ビーズソファ「無印良品」VS ニトリVS ヨギボー徹底比較!その1:スペックの比較

矢印・アイコン無印良品「人をダメにするソファ使い続けるとわかる意外な欠点とは!?

矢印・アイコン補充ビーズでヘタり対策ができるビーズソファはどれ?無印良品vs ニトリvs ヨギボー

 

“ヘタりにくいビーズソファ”には、きちんと理由がある。

どんなビーズソファがよりヘタリにくいのか、まずは2つのポイントをおさえよう。

 

ビーズソファの2大ヘタリ対策

ビーズソファがヘタらないためには、2つのポイントを満たす必要がある。

チェックアイコンへたらないポイント1:ビーズの品質

チェックアイコンへたらないポイント2:ソファーカバーの品質

へたりにくいビーズソファを実現するには、この2つのポイントが両方大事になってくる。片方だけでもダメなんだ。

アイコンへたらないポイント1:ビーズの品質

ビーズソファーがヘタらないためには、ビーズソファの中身である”ビーズ”そのものの品質が大事。

このビーズが人の全体重を支えるのだから、潰れにくい上に軽いビーズを使う必要がある。しかも、ビーズの違いで座り心地も変わってくるのだから、ビーズソファの肝ともいえる。

ヨギボーソファ 実際のビーズ

bean bag beads ヨギボーのビーズ

また、ビーズの品質は、ビーズソファの重さにも関係してくる。高品質なビーズを使えば、軽くてボリュームのあるビーズソファの完成だ。

次がポイント2つ目。ソファーカバーだ。

アイコンへたらないポイント2:ソファーカバーの品質

ビーズソファのヘタりにソファーカバーの品質が関係するとは少し意外に思うかもしれない。

先ほどのニトリビーズソファのヘタリ画像をもう一度みてみよう。

ニトリビーズソファ へたり

ビーズソファの中身がヘタるとともに、ソファカバーも伸びきっているのがよく分かる。

ビーズソファのカバーにもヘタり対策がされていることで、ビーズそのもの品質と合わさって耐久性をあげることができるのだ。

つまり、ビーズソファがヘタらないためには、

ビーズとソファーカバーの品質どちらも欠かせない

ヨギボーへたりにくい理由

無印良品・ニトリ・ヨギボー各社のビーズソファヘタり対策を確認する前に、まずはビーズソファの”ヘタり”がどういう事なのか、ヘタらない為のポイントを確認した。

では、ビーズソファで人気を集めている3ブランド
無印良品「体にフィットするソファ」
無印良品のビーズソファ
ニトリ「ビーズソファ(Nストレッチ)」
ニトリのビーズソファ
Yogibo「ヨギボーソファ」
ヨギボーマックスレッド
各社のヘタり対策はどうなっているのかみていこう。
チェックアイコンビーズソファーの公式オンラインショップ

最初に、各社がビーズソファに使っているビーズ品質を比較する。

ビーズ品質を比較するために「無印良品体にフィットするソファ」「ニトリヌードビーズクッション」「Yogiboヨギボーソファー」の大きさと重さを比べていこう。

 

〔各社のヘタり対策 比較1〕ビーズの品質は、大きさに対する重さで図れる

ビーズソファのヘタり対策1つ目「ビーズそのものの品質」を知るためには、ビーズソファの大きさに対する本体の重さをみることで分かってくる。

無印良品のビーズソファ”体にフィットするソファ”は、1サイズのみ。ニトリのビーズソファ(Nストレッチ)は、小・大の2サイズ。

ヨギボーソファーは現在全7種類あるので、そのうち4種類をピックアップして比較した。(ヨギボーソファー最新一覧)

ビーズソファ・スペック比較

無印良品 VS ニトリVS ヨギボー

長さ 厚み 重さ 値段(税込)
ヨギボーマックス
(yogibo max)
170cm 70cm 48cm 8.0kg 32,184円
ヨギボーミディ
(yogibo midi)
125cm 70cm 45cm 5.9kg 27,864円
ヨギボーミニ
(yogibo mini)
85cm 70cm 45cm 4.2kg 17,064円
ヨギボーピラミッド
(yogibo pyramid)
76cm 76cm 66cm 3.1kg 10,692円
無印良品
体にフィットするソファ
65cm 65cm 43cm  6.0kg ~17,590円
ニトリ
ビーズソファ(大)
65cm 65cm 45cm 6.0kg 10,619円

どうだろう、この表のビーズソファの大きさと重さをざっと見比べてみてほしい。(幅と厚みはあまり変わらないので大きさは長さを参照してほしい)

あれ、ソファの大きさの割には重いな。

大きさの割には軽いな。

と思ったのではないだろうか。

 

更に、詳しくビーズの品質を比較するために、

無印良品「体にフィットするソファ」と同程度の大きさのソファーをニトリとヨギボーから1つずつピックアップしたい。

ニトリからは「ビーズソファ大サイズ」、ヨギボーからは「ヨギボーミニ」を比較対象とした。

アイコン無印良品・体にフィットするソファ  VS
ニトリ・(大)   VS  ヨギボーミニ

無印良品とニトリは65cm×65cmの正方形型ソファー。そして、ヨギボーミニの大きさは85cm×70cmと、無印良品・ニトリのビーズソファの約1.5倍のボリュームがある。

ニトリ・無印良品・ヨギボー比較

 

画像内のニトリビーズソファ重量変更について(4.0kg→6.0kg)

ニトリは、2015年にビーズソファのリニューアルを行った。2015年はビーズクッションとして販売していたが一旦販売終了。リニューアル後の2016年以降はビーズソファと名称変更した。ビーズソファの大きさそのものはリニューアル前後で一緒なのだが、ビーズソファの重量が4.0kgから6.0kgになった。同時に、ビーズソファの価格は値上がりした。ニトリビーズソファ・リニューアルに関する詳しい記事は「ニトリのビーズクッション販売終了。ビーズソファとして再販!しかし、値上り。 」

 

一見似ているように見える3つのソファーだが、サイズも微妙に異なっているのだ。

  • 無印良品:65cm×65cmの正方形型ソファー
  • ニトリ(大):65cm×65cmの正方形型ソファー
  • ヨギボーミニ:85cm×70cm

次は、3つのソファーの重さに焦点を当てて比較してみよう。なぜ、ここで重さなのか。冒頭にも申し上げたが、大きさに対する重さ、それがビーズソファーの品質ともいえるからだ。(ビーズは軽くて丈夫にするのが難しい)

大きさに対する重さの比較なので、この時点ではサイズの大きいヨギボーミニが不利に思えるが・・・

アイコンさて、無印良品・ニトリ大・ヨギボーミニ
各ビーズソファの重さは?

ビーズソファ「無印良品」「ニトリ」「ヨギボーミニ」の重さを比較すると・・・

長さ 厚み 重さ 値段(税込)
ヨギボーミニ
(yogibo mini)
85cm 70cm 45cm 4.2kg 17,064円
無印良品
体にフィットするソファ
65cm 65cm 43cm  6.0kg ~17,590円
ニトリ
ビーズソファ(大)
65cm 65cm 45cm 6.0kg 10,619円

無印良品とニトリのビーズソファの重さが6.0kg。

ヨギボーミニの重さが4.2kgだ。

ヨギボーミニの重さ4.2kg程度とは、大体小ぶりな猫の重さと同じくらい。ひょいっと持てる重さだ。

ヨギボーミニの重さは小ぶりな猫と同等

猫

なんとヨギボーミニが4.2kgと、無印良品・ニトリのビーズソファよりも1.8kg軽い。その上、ヨギボーミニの大きさは、無印良品・ニトリの約1.5倍もあるのだ。

ビーズの品質:

無印良品 = ニトリ < ヨギボー

 

ということが分かる。

 

高品質なビーズは、軽いのにボリュームがあるのだ。

 

視点を変えて、無印良品の体にフィットするソファは、ヨギボーソファーでいうとどのソファーの重さに匹敵するのか見てみたいと思う。

 

無印良品ソファー重量6.0kgは、ヨギボーミディと同じ

なんと、無印良品「体にフィットするソファ」・ニトリ「ビーズソファ大サイズ」の重さ6.0kgは、ヨギボーではヨギボーミディの重さ5.9kgとほぼ同じなのだ。

ヨギボーミディはこうして寝転がれる大きさ

ヨギボーミディ

ヨギボーミディと無印良品・ニトリのビーズソファは、重さがほぼ同じ。それなのに、ヨギボーミディのサイズは、無印良品・ニトリの2倍もある!

つまり、もし無印良品・ニトリとヨギボーのビーズソファが同じ大きさなら、重さは半分ってこと。

ヨギボーミディになってくると、ヨギボーミニと違って寝転んだって包み込んでくれる大きさ。大人が寝転ぶならヨギボーマックスサイズが最もおすすめだけどね。

アイコン(参考)ヨギボーマックスの重さは8.0kg

ヨギボーの1番人気、ヨギボーマックス(長さ170cm)でも重さ8.0kg。無印良品・ニトリの正方形ビーズソファ(65cm四方)は重さ6.0kg。

ヨギボーマックスは、この大きさがありながら女性でも無理なく持つことがきる。通常のソファーだったら女性だけで動かすのは難しいが、ヨギボーは大きさに対してとても軽々と移動できるのだ。

その時に応じて、居間で使ったり、ベッドルームで使ったり、場所を選ぶこともない。もちろん掃除・洗濯もスムーズに行える。

これが、ヨギボーマックス

ヨギボーマックス・ブラウン

ヨギボーがよくわかる動画をチェック

Yogibo Max(ヨギボーマックス)の重さ8.0kgは、
小・中型犬のコーギーと同じくらいの重量。

コーギー
ビーズソファの重さからみるビーズの品質は:無印良品=ニトリ<ヨギボー ということがわかった。外見からでは分からないビーズの品質は、さすがのビーズソファ専門店ヨギボーに軍配が上がった。

チェックアイコン人をダメにするソファ公式ショップ

記事が長いので、ちょっとお疲れ気味になってしまったかな。

ここまでで前半終了。

ビーズソファって実は奥が深いんだよね。

あともう少し!

矢印・アイコン魔法のソファのまとめ トップページへ

ビーズソファをヘタリにくくするための2つ目のポイント「ソファーカバー」について無印良品・ニトリ・ヨギボーの違いを一緒に確認していこう。

自分の好みのビーズソファを手に入れるまで、もう少し頑張って!

 

〔各社のヘタリ対策 比較2〕ビーズソファのカバーへのこだわり

ビーズソファの重さは、無印良品・ニトリは全く同じ6.0kgだった。ソファーカバーの構造も、無印良品とニトリは似ている。

▼無印良品・ニトリビーズソファの共通するカバー構造

無印良品『体にフィットするソファ』ニトリ『ビーズクッション(Nストレッチ)』ともに、カバーに硬い面(下)と柔らかい面(上)の両方を作り形状を保つ作りになっている。

ビーズソファカバー従来

ビーズソファに異なった面があると、一方向からの力がかかりやすくソファーカバーのヘタりの原因となってくる。ソファーカバーがヘタれば、残念ながらビーズソファそのものの身体へのフィット感が減少してしまうのだ。

▼無印良品のビーズソファーは、以前『へたりやすい』とクレームが入るほどだった

無印良品『体にフィットするソファ』は、2009年再販時にかなり改良を重ねられている。

無印良品人をダメにするソファ
http://dime.jp/genre/185295/3/

2002年発売当初〜再販以前はなんとビーズソファの『へたりやすさ』にクレームが入る程だった。自社製品を「生地がくたーっとなってしまい、戻らなくなるほど伸び切ってしまいました」と言っているほど。それらのクレームをうけて、現在販売している『体にフィットするソファ』は、従来よりもヘタらせないために、ソファーカバーについても改善されているようだ。


▼ニトリのビーズソファーカバー

ニトリのビーズソファは、2016年以降はリニューアル販売されている。2015年まで販売していたニトリのビーズクッションは、一旦販売終了。しかし、無印良品のように、何かを改善したとは今のところ公開していない。

ニトリ ビーズソファ
from ニトリ

ビーズクッションからビーズソファへの名称変更、実質値上げ、等々のリニューアル前後の違いはみえてくるのだが、製品は大きく変わっていないのではないかと思う。

ビーズクッションカバーの構造は、無印良品と同じく、硬い面(下)と柔らかい面(上)の2面構造だ。


▼ヨギボーのビーズソファーカバー

ヨギボーのビーズソファーカバーは、無印良品・ニトリのような2面構造をもっていない。ヨギボーのソファーカバーは、360度どこの面も同じなのだ。

ヨギボーカバーの特徴

360度どこから座っても完全に身体にフィットする。大きいサイズのヨギボーを立てて置いておける。このような、丈夫さと伸縮性を兼ね備えたソファーカバーがあってこそ、ヨギボーがヘタりにくいとされる大事な点なのだ。

自立できるビーズソファは、ヨギボーだけ ヘタりやすいビーズソファーだったら、自立は難しい

ヨギボー ヘタれにくい

写真の中のヨギボーについて マリンカラーが目を引くヨギボーは、2015年12月に発売されたばかりの『Zoola(ズーラ)シリーズ』。基本的な作りは今までのヨギボーと同じで、プラスされた機能が耐水性とUV安全カバー。水をはじき、紫外線の劣化からヨギボーを守る。アウトドアで使えるように、カバーが丈夫になっているのだ。マリンカラーをはじめとした、素敵な柄がラインナップされているのがとっても良い!『Zoola(ズーラ)シリーズ』の詳しい情報はこちら

 

ビーズソファーのヘタり対策として、重要なポイント2つについて、無印良品・ニトリ・ヨギボーの違いについてみてきた。

ビーズソファーのヘタり対策の重要な点2つ

ポイント1:ビーズの品質
ポイント2:ソファーカバーの品質

無印良品とニトリのビーズソファは大きさだけでなく、ビーズやソファーカバーの構造まで似ていた。それに対して、ヨギボーは違った。

ビーズも、ソファーカバーも他社とは違う。ヨギボーは”最高のリラックスという幸せをどこでも・いつまでも”というコンセプトを、ビーズソファで人々の元に届けようとしているのだ。 ヨギボーのこだわりについて、もう少し詳しくみてみよう。

AD

 

ヨギボーソファー 最高のリラックスを実現させるビーズソファの秘密

まず一つ目のヨギボーソファーの秘密。それは特殊マイクロビーズだ。

▼ヨギボーの秘密1『特殊マイクロビーズ』

身体を包み込んでくれる何ともいえないヨギボーのフィット感と安らぎ。ヨギボーソファーが変幻自在に身体の形に合わせて無限に変形する秘密の1つが『特殊マイクロビーズ』なのだ。

bean bag filler yogibo

身体の形に合わせて無限に変形するヨギボーのビーズ

このビーズが他のビーズクッションでは実現できない
身体へのフィット感を生み出す

ビーズの粒が2〜3ミリと大きめであると、すぐにへたってしまいビーズソファーで最も大事な身体へのフィット感も少なくなるという。ヨギボーの特殊マイクロビーズは簡単には真似できない。

そして、こんなにも自由に形を変え身体にフィットするヨギボーには、特殊マイクロビーズの他にもう一つ重要なこだわりがあった。 特殊マイクロビーズを使った変幻自在のヨギボーが自宅にあるとこうなります。

ヨギボーマックスの大きさに最初は驚く人も多いけど、結果的にこうなります

使った人を虜にしてしまう、ヨギボーソファーという魔法


▼ヨギボーの秘密2『特殊ソファーカバー』

ビーズソファーを使用していくとビーズのボリュームがなくなるだけでなく、ビーズソファカバーの布地も一緒にへたっていくのが従来のビーズソファの特徴だった。

それに対して、Yogibo(ヨギボー)のカバーは、肌触りの良さ・伸縮性・丈夫さの全てを実現させた。伸縮性や丈夫さが充分になければ、同じところに座ることが多いソファーなのだから伸びてしまうのも当然といえよう。

yogibo dog

更に、カバーは2重構造になっており人間だけでなく、犬や猫が使ったって大丈夫とヨギボーが自信をもって公言しているほどのカバー耐久性を持つ。

下矢印

Yogiboヨギボーがビーズソファを変えた!
これまでのビーズクッションには、ほとんどカバーを替えたりビーズを充填して使い続けるという概念は少なかった。なぜなら、ビーズクッションはへたってしまうもの。だから、使い捨てという感覚がとても大きかったのではないだろうか。そして、ビーズクッションがへたってしまうと一気に身体へのフィット感が少なくなり、快適性が損なわれるのだ。この『へたり』があるゆえに、今までヨギボーのような大きいビーズソファで快適性を追求するのが難しかった。だが、ヨギボーは努力によってビーズソファの常識を覆した。
ヨギボーは、中身のビーズも、ビーズカバーもこだわり抜いたのだ。

 

こうしてヨギボーは、従来のビーズソファ・クッションにとらわれることなく、ビーズの品質・ソファーカバーの布地の質にこだわり身体にフィット感のある状態が続くようにした。

ヨギボーが、他のビーズソファーよりもヘタりにくいという裏にはこのような秘密が隠されていたのだ。

まとめ。ヘタリにくい対決。無印良品 VS ニトリ VSヨギボー

さあ、どれが最もヘタリにくいビーズソファなのか。

 納得の1位はヨギボーソファー

ビーズソファー ヨギボー

ビーズソファーをヘタリにく長く使えるように考え抜かれている。ビーズ・カバーともにこだわりがあったのは、ヨギボーだけ。みんながヨギボーに虜になるわけだ。1度は、人をダメにするソファ本家に埋もれたいよね。

2位はやっぱり無印良品・体にフィットするソファ

無印良品 ビーズソファー へたり

体にフィットするソファをリニューアルする時に、以前よりもヘタらないようにと、カバーの耐久性向上に努力した模様。リニューアル前よりは、品質が向上している。

それでも、ビーズソファー専門店ヨギボーが生み出した360度同じ生地というカバー構造と特殊マイクロビーズの組み合わせを上回るビーズソファを作り出すのは、正直難しいのか。

3位はニトリ・ビーズソファー

ニトリ ビーズソファー へたり

ビーズそのものや、カバーの構造は、無印良品と大差あるとは思えない。しかし、無印良品の体にフィットするソファは、リニューアル後に改善している。ニトリの優位性は、やっぱり価格なのだ。リニューアル後にビーズソファの値上げがされているので、優位性が失われつつあるけれど・・・。

▼もう一度確認。無印良品・ニトリ・ヨギボーのビーズソファー一覧

無印良品 VS ニトリVS ヨギボー ビーズソファ基本スペック比較一覧
ブランド 種類 重さ 長さ 厚み 価格
Yogibo ヨギボーダブル(yogibo double) 16.0kg 180cm 120cm 48cm ¥59800
ヨギボーマックス(yogibo max) 8.0kg 170cm 70cm 48cm ¥29800
ヨギボーミディ(yogibo midi) 5.9kg 125cm 70cm 45cm ¥25800
ヨギボーミニ(yogibo mini) 4.2kg 85cm 70cm 45cm ¥19800
無印良品 体にフィットするソファ 6.0kg 65cm 65cm 43cm ¥14583〜¥16296
ニトリ ビーズソファ(大) 6.0kg 65cm 65cm 45cm ¥11093
ビーズソファ(小) 3.5kg 65cm 65cm 35cm ¥6001

さあ、どのビーズソファーがあなたの家でのくつろぐ時間を快適なものにしてくれるだろうか?

ヨギボー 人をダメにするソファ

 

  魔法のソファ ヨギボー公式HP  

 


ビーズソファーのオンラインショップ
この記事を読んだ人に一緒に読まれています