ニトリのビーズソファー [無印良品・ニトリ・ヨギボー]ビーズクッション・ソファー徹底比較

ニトリのビーズクッション販売終了。ビーズソファとして再販!しかし、値上り。

更新日:

ニトリのビーズクッション販売終了。その後、ビーズソファとして再販!

しかし、値上り。

ニトリのビーズソファニトリのビーズソファ

 

"人をダメにするソファ" というキャッチフレーズで人気を博しているビーズソファ。安い価格での品揃えが魅力なニトリでもビーズソファーを販売している。

ニトリでは、以前は「ビーズクッション」という商品名で販売していたが販売終了へ。そして、「ビーズソファー」として新発売に至った。

だが、ビーズソファーとしてリニューアルされ新発売される際に、値上がりしてしまったのだ。

 

ニトリの魅力は安さにあると筆者は強く思う。ビーズソファについても、無印良品よりもヨギボーよりもずっと安く購入出来るのが魅力だった。

それなのに、値上りしてしまったのだ。

 

当記事について

当記事では、2015年時点でのニトリビーズソファーの価格、その後の2016年のニトリビーズソファーの値上げについて書いています。

当記事のニトリビーズソファ価格は、2016年から2017年3月までのものです。

2017年3月、ニトリは再度ビーズソファーの価格変更を行いました。2018年最新のニトリ・ビーズソファー価格に関する記事は「二トリのビーズソファー値下げへ」です。

まずは2016年に値上りする前のニトリビーズソファについて確認しておこう。

 

値上がり前ニトリのビーズソファについて
(旧ビーズクッション)2015年

2015年上半期、ニトリではビーズソファを『ストレッチ ビーズクッション』として売り出していた。

〔2015年上半期〕
ニトリのビーズクッション(Nストレッチ)ニトリ ストレッチビーズクッション
最新のニトリのビーズクッションと無印良品のビーズソファ「体にフィットするソファ」はそのスペックがほぼ同じという状態だが、2015年当時もニトリのビーズクッションの大きさは無印良品の「体にフィットするソファ」と全く同じだった。

しかしながら、ニトリではビーズソファではなくビーズクッションという名前で、クッションという名前に相応しい値段4,900円という安い値段で販売していた。

 

2015年上半期
ニトリ「ビーズクッション」と無印良品「体にフィットするソファ」の比較
無印良品
体にフィットするソファ
ニトリ
ストレッチビーズクッション
長さ 65cm 65cm
65cm 65cm
厚み 43cm 43cm
重さ 6.0kg 4.0kg
税抜価格※ 14,583円 4,900円

※価格は、無印良品・ニトリともに本体+カバー(別売)の合計税抜金額

無印良品「体にフィットするソファ」の価格が15,000円弱なのに対して、ニトリのビーズクッションはなんと4,900円。ニトリの方が2.0kg軽くビーズのボリュームが少ないという違いがあったとしても、10,000円の価格差を考えたら妥当なものだった。

 

人をダメにするビーズソファが欲しい、でも高い。

 

そんな風に感じていた人に、ニトリは低価格でビーズクッションという名のビーズソファを提供していたのだ。

ところが、2016年になってニトリがビーズクッションのリニューアルを行った。同製品がリニューアルされる形でクッションから"ビーズソファ"と名称変更されるとともに、ニトリのビーズソファは値上げされたのだ。

2016年にリニューアルされたニトリのビーズソファーについてみていこう。

 

ニトリのビーズソファ
(2016年リニューアル後)

ニトリのビーズクッションが、ビーズソファとしてリニューアル発売されたものの「ビーズソファーにリニューアルしました!」 という売り出し方はしておらず、いつの間にかにリニューアルされていた。という感じだった。

リニューアル後のニトリのビーズソファ

ニトリ ビーズソファー 色201604ver

商品説明にも以前のビーズクッションと比べて新しいビーズソファーの何が変わったとは明確に記載がなかった。そのため、もしかしたらリニューアルの中身は名称変更と若干のスペック変更および価格変更なのかなと推測してしまう。

リニューアル前は1種類だけだったニトリのビーズクッションは、リニューアル後は2サイズのラインナップに変わった。リニューアル前後でニトリのビーズソファの大きさや重さはどう変わったのか、価格はどのくらい値上げされたのか下記表で確認してみよう。

ニトリのビーズソファ
リニューアル前後の比較
リニューアル前 リニューアル後
ストレッチビーズクッション
Nストレッチ
ビーズソファ(大)
Nストレッチ
ビーズソファ(小)
Nストレッチ
長さ 65cm 65cm 65cm
65cm 65cm 65cm
厚み 43cm 45cm 35cm
重さ 4.0kg 6.0kg 3.5kg
税抜価格 4,900円 11,093円 6,001円

※価格は本体とカバーの合算

表を見ていただくとわかる通りリニューアル前のビーズクッションと同じ大きさの商品は、ビーズソファの大サイズだ。65cm四方で厚みが45cmのビーズソファ。厚みが2cm違うのは、誤差の範囲。

 

ニトリのビーズソファリニューアル前後の違いについて確認していく。

 

最初に重さに注目してみよう。

リニューアル前と大サイズのビースソファを比べてみると、大きさは全く一緒といっても良い位だが重さが2kgも違う。

リニューアル後の二トリビーズソファは重さ6.0kgと、リニューアル前の4.0kgより2.0kgも重くなっているのだ。

 

ビーズソファ大きさが変わらないのに、重くなっているということはどういうことだろう。

ニトリのビーズソファの大きさは、リニューアル前後で変わっていない。しかし、重量が2kgも重くなっている。 理由は、ビーズが変わったとかいうことではなく、ビーズソファの内容物であるビーズの量をアップしたためだ。ビーズソファの難点”へたり”に対応するためだと思われる。

 

ニトリビーズソファのヘタリ方・・・予想以上。
ニトリビーズソファ へたり

from 瑠璃色日記

 

確かに、ニトリのビーズソファは他のビーズソファと比べてもヘタリやすい。

使い続けているとお尻が床にあたる程にビーズのボリュームがなくなってしまう。様々なビーズソファを試してきた人には、ニトリのビーズソファがへたりやすいのは周知の事実といっても過言ではないくらいヘタリやすいのだ。

参考

仮にヨギボーソファーで使用される高品質なマイクロビーズの場合、ニトリと同じ大きさのビーズソファであっても、ボリュームを保ちながら4.0kgという軽さも維持できることを頭に入れておきたい。じゃあなぜニトリでは、ボリュームを追求した結果6.0kgになってしまったかというと、ビーズが重いからだ。

 

次に、価格に注目してみよう。

リニューアル前は4,900円だったニトリのビーズソファは、なんと11,093円と倍以上に値上がりしている。

前述にあったように確かに、ビーズのボリュームは4.0kgから6.0kgへと1.5倍に増えている。ビーズ増量を考慮したとしても2倍以上の値上がりは何故だか理解しがたい。

 

こうして二トリはビーズソファリニューアル後に値上りしてしまったわけだが、そうなると無印良品との価格差は縮まってくる。

リニューアル後のニトリ VS 無印良品のビーズソファ
立ち位置はどう変わった

リニューアル前のニトリビーズソファーは、4900円という圧倒的な安さを提供していた。ビーズソファーをまずは試したい。ビーズソファーはヘタったら買い換えたい。そんな志向を持つ人にとっては、4,900円という安さは嬉しい限りだった。

しかし、値上がりをしてしまったニトリのビーズソファ。

値上がり後のニトリのビーズソファと無印良品「体にフィットするソファ」を比較したのが次の表。

リニューアル後のニトリのビーズソファと
無印良品「体にフィットするソファ」の比較
無印良品 ニトリ
体に
フィットするソファ
ビーズソファ(大)
Nストレッチ
ビーズソファ(小)
Nストレッチ
長さ 65cm 65cm 65cm
65cm 65cm 65cm
厚み 43cm 45cm 35cm
重さ 6.0kg 6.0kg 3.5kg
税抜価格 14,583円 11,093円 6,001円

※価格は本体とカバーの合算

ニトリのビーズソファがリニューアル後、無印良品と同じ大きさのビーズソファ大サイズは、本体とカバーを合わせて11,000円程度となった。これに対して、無印良品「体にフィットするソファ」は、14,500円程度で購入できる。

ニトリのビーズソファ・リニューアル前は、4,900円という圧倒的な安さでニトリの良さを明確にしていたが、リニューアル後は価格優位性が薄れてしまったと感じる。

もちろん、ニトリのビーズソファ小サイズを選ぶという選択肢もあるが、厚みが10cm異なりビーズのボリュームが2.5kg分異なるので座り心地・耐久性を考えてもニトリビーズソファの小サイズはあまりオススメはできない。

 

無印良品・二トリのビーズソファに更にヨギボーソファーを数種類比較表にプラスにしたのが次。

 

ニトリ VS 無印良品 VS ヨギボー
ビーズソファ比較表
ビーズソファ 長さ 重さ 税抜価格
ヨギボー ヨギボーマックス 170cm 8.0kg 29,800円
ヨギボーミディ 125cm 5.9kg 25,800円
ヨギボーミニ 85cm 4.2kg 19,800円
ヨギボーピラミッド 76cm 3.1kg 9,900円
無印
良品
体にフィットするソファ 65cm 6.0kg 14,583円
二トリ ビーズソファ大
(Nストレッチ)
65cm 6.0kg 11,093円
ビーズソファ小
(Nストレッチ)
65cm 3.5kg 6,001円

ヨギボーソファの一番人気は人が寝転がれる大きさのヨギボーマックスだが、ヨギボーピラミッドという低価格のビーズソファも加わった。このヨギボーピラミッド(Yogibo Pyramid)は、ニトリのビーズソファ大サイズよりも大きいのに、軽く、かつ価格も安い。(ヨギボーピラミッドを詳しく)

こうなってくると値上がりした二トリのビーズソファーは優位性が厳しいなと思わざるを得ない。

 

ニトリでも1万円するビーズソファ。買い替え前提でそこそこのビーズソファを楽しむか、極上のダメにするビーズソファで長く使うか。さああなたはどちら?

ニトリのビーズソファ

ニトリ ビーズソファー 色201604ver

当記事で取り上げたニトリのビーズソファ。

無印良品「体にフィットするソファ」

無印良品『人をダメにするソファ』欠点3

ビーズソファの代表格、2013年に爆発的な人気を博した無印良品「体にフィットするソファ」。

ヨギボー 人をダメにするソファ

ヨギボーマックスの使い方リクライニングチェア2014年にアメリカから日本に上陸し、そのビーズソファの品質の高さから瞬く間に多くのファンを虜にしたヨギボー『快適で動けなくなる魔法のソファ』。

チェックアイコン人気ビーズソファの公式ショップ

 


この記事を読んだ人に一緒に読まれています

-ニトリのビーズソファー, [無印良品・ニトリ・ヨギボー]ビーズクッション・ソファー徹底比較
-, , ,

Copyright© Yogiboヨギボー 魔法のビーズソファーまとめ , 2018 All Rights Reserved.