[無印良品・ニトリ・ヨギボー]ビーズクッション・ソファー徹底比較

ヘタりにくいのはどれ?(後編) 王道ビーズソファ「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」徹底比較!その2

更新日:

ヘタりにくいビーズソファはどれ?(後編)

王道ビーズソファ「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」徹底比較!その2

人をダメにするビーズソファといえば、2013年に爆発的ヒットを遂げた無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファー(Nストレッチ)」そしてYogbo(ヨギボー)「快適で動けなくなる魔法のソファ」の3ブランドをおさえておきたい。

王道ビーズソファーの徹底比較

無印良品  VS ニトリ VS Yogibo

無印良品ニトリヨギボー比較

ビーズソファを選ぶ上で、とても大事な点が"ヘタりにくいのかどうか"だ。これは、ビーズソファを使った人にしかわからないのだが、使っていけばどのビーズソファもほぼ必ずヘタる。

そんな避けて通れないビーズソファにヘタリに注目したのが当記事。「ヘタリにくいビーズソファはどれ?王道ビーズソファ「無印良品」vs 「ニトリ」vs 「ヨギボー」徹底比較!その2」は前編と後編に分かれており、この記事は後編。

前編の振り返り

  • そもそもへたるってどういうこと?
  • ヘタリにくいビーズソファのポイント2つ
  • ポイント1つ目「ビーズの品質」について、無印良品・ニトリ・ヨギボーで比較

へたらないポイント

  • へたらないポイント1:ビーズの品質
  • へたらないポイント2:ソファーカバーの品質

後編の当記事では、ビーズソファをヘタリにくくするための2つ目のポイント「ソファーカバー」について無印良品・ニトリ・ヨギボーの違いを確認していこう。

 

 

チェックアイコン人をダメにするソファ公式ショップ

 

ビーズソファのカバーへのこだわり
無印良品とニトリ

大きさや重さなどのスペックが酷似している無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファー大」の2メーカのビーズソファだが、ソファーカバーの構造も無印良品とニトリはよく似ている。

無印良品・ニトリ
ビーズソファの共通するカバー構造

ビーズソファカバー従来

無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファー大」ともに、カバーに硬い面(下)と柔らかい面(上)の両方を作り形状を保つ作りになっている。

無印良品やニトリではこの2つの面を、使い心地が2つ楽しめる!とうたっているが、実のところビーズソファをこのように硬い面と柔らかい面の2面構造にしてしまうと、一方向からの力がかかりやすくソファーカバーのヘタりの原因となる。ソファーカバーがヘタれば、残念ながらビーズソファそのものの身体へのフィット感が減少してしまうのだ。

 

無印良品のビーズソファーは、以前『へたりやすい』とクレームが入るほどだった

無印良品『体にフィットするソファ』は、2009年再販時にかなり改良を重ねられている。

無印良品人をダメにするソファ

http://dime.jp/genre/185295/3/

2002年発売当初〜再販以前はなんと無印良品のビーズソファは『へたりやすさ』にクレームが入る程だった。無印良品の担当社員は、自社製品を「生地がくたーっとなってしまい、戻らなくなるほど伸び切ってしまいました」と言っているほど。それらのクレームをうけて、現在販売している『体にフィットするソファ』は、従来よりもヘタらせないために、ソファーカバーについても改善されてはいるようだ。

しかし、2面構造というのは変わっていない。

 

ニトリのビーズソファーカバー

ニトリのビーズソファは、2016年にリニューアル販売されている。2015年まで販売していたニトリのビーズクッションは、一旦販売終了。しかし、無印良品のように、何かを改善したとは今のところ公開していない。

ニトリ ビーズソファ

from ニトリ

ビーズクッションからビーズソファへの名称変更・実質値上げ等々のリニューアル前後の違いはみえてくるのだが、ニトリのビーズソファそのものはリニューアル前後で大きく変わっていないのではないかと思う。

前述にもあったようにニトリのビーズクッションカバーの構造は、無印良品と同じく、硬い面(下)と柔らかい面(上)の2面構造だ。

こういってはなんだがこれといって大きな特徴がないのがニトリのビーズソファのカバーだ。

 

ヨギボーのビーズソファーカバー

ヨギボーのビーズソファーカバーは、無印良品・ニトリのような2面構造をもっていない。ヨギボーのソファーカバーは、360度どこの面も同じなのだ。

ヨギボーカバーの特徴

360度どこの面も同じソファーカバーであることで、どこから座っても完全に身体にフィットするようになっている。大きいサイズのヨギボーを立てて置いておける。これも実は、2面構造を用いていないからであり、ビーズソファの伸縮性だけでなく丈夫さがあるからこそできることなのだ。

丈夫さと伸縮性を兼ね備えたソファーカバー。

これがビーズソファ専門店がヨギボーがヘタり対策のために考え抜いたソファーカバーだ。

自立できるビーズソファは、ヨギボーだけ
ヘタりやすいビーズソファーだったら、自立は難しい

ヨギボー ヘタれにくい

参考:写真の中のヨギボーについて

マリンカラーが目を引くヨギボーは、Zoola(ズーラ)シリーズ。基本的な作りはベーシックなヨギボーと同じで、プラスされた機能が耐水性とUV安全カバー。水をはじき、紫外線の劣化からヨギボーを守る。アウトドアで使えるように、カバーが丈夫になっているのだ。アウトドアだけでなく飲みこぼしなどをした時も撥水効果はとても嬉しい機能だ。マリンカラーをはじめとした、素敵な柄がラインナップされているのがとっても良い。

ビーズソファーのヘタり対策として重要なポイント2つ目「ビーズソファカバーの品質」について、無印良品・ニトリ・ヨギボーの違いについてみてきた。

へたらないポイント

  • へたらないポイント1:ビーズの品質
  • へたらないポイント2:ソファーカバーの品質

3社間でビーズソファカバーには明らかな違いがあった。無印良品・ニトリのビーズソファは2面構造になっており、ヨギボーのビーズソファは360度同じ面構造というつくりだった。2種類の感覚を楽しめる2面構造も面白いが、ヘタリにくさという面でみると劣ってしまう。

ヨギボーYogiboの人をダメにするソファのように一方向に負荷をかけないソファ構造の方が、へたりにくいのだ。

 

また、ヨギボーのビーズソファは、無印良品「体にフィットするソファ」ニトリ「ビーズソファー(Nストレッチ)」と構造が異なるだけでなく、へたりにくさのためにソファーカバーを2重構造にしている。このような徹底した工夫はビーズ専門店ならではといえよう。

ヨギボーが他のビーズソファーよりもヘタりにくいといわれるが、このような秘密が隠されていたのだ。

 

ヘタリにくい対決まとめ。無印良品 VS ニトリ VSヨギボー

さあ、どれが最もヘタリにくいビーズソファなのか。

 納得の1位はヨギボーソファー

ビーズソファー ヨギボー

ビーズソファーをヘタリにく長く使えるように考え抜かれている。中身のビーズ、ソファカバーともにこだわりが強かったのは、ヨギボー。1度は、人をダメにするソファ本家に埋もれたいよね。

 

 

2位はやっぱり無印良品・体にフィットするソファ

無印良品 ビーズソファー へたり

「体にフィットするソファ」をリニューアルする時に、以前よりもヘタらないようにと、カバーの耐久性向上に努力した模様。リニューアル前よりは、品質が向上している。それでも、ビーズソファー専門店ヨギボーが生み出した360度同じ生地というカバー構造と特殊マイクロビーズの組み合わせを上回るビーズソファを作り出すのは、正直難しいのか。

 

3位はニトリ・ビーズソファー

ニトリ ビーズソファー へたり

ビーズそのものやカバーの構造は、無印良品と明らかな違いはみられない。それどころか、大きさ重さまで無印良品「体にフィットするソファ」と酷似している。ニトリの優位性は、やはり価格なのだ。

しかし、リニューアル後にニトリのビーズソファの値上げがされたことで、価格優位性が失われ、しかもヨギボーからヨギボーピラミッドが発売されたことで価格的な優位性も揺らいでいる。

 

 

さあ、どのビーズソファーがあなたの家でのくつろぐ時間を快適なものにしてくれるだろうか?

ヨギボー 人をダメにするソファ


この記事を読んだ人に一緒に読まれています

-[無印良品・ニトリ・ヨギボー]ビーズクッション・ソファー徹底比較
-, , , , , , ,

Copyright© Yogiboヨギボー 魔法のビーズソファーまとめ , 2019 All Rights Reserved.