ヨギボーブラックフライデーセール2022

\ ヨギボーブラックフライデーSALE /
-11/25(金)AM0:00スタート!-
【Yogibo公式ストア】

 

【ヨギボー店舗持ち帰り徹底解説】全12ポイントを確認!メリット・デメリット

ヨギボーの店舗からの持ち帰りのメリット・デメリットを独自取材と実体験から徹底解説

「Yogibo(ヨギボー)実店舗からの持ち帰り」についての独自取材と経験から徹底解説。ヨギボー買うなら通販?店舗?と迷っている方必見。

人をダメにするビーズソファで人気を博しているYogibo(ヨギボー)を店舗から持ち帰りたい!

Yogibo(ヨギボー)を配送にしようか、店舗まで出向いて持ち帰りにしようか迷っている。

Yogibo(ヨギボー)の送料を節約したい。

そんな方に贈る「ヨギボーの持ち帰り徹底解説」記事。

ここでは、Yogibo(ヨギボー)を店舗で購入し、持ち帰る場合のメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

通販と異なり、店舗からの持ち帰りは送料がかからずヨギボー実店舗で購入する大きな魅力です。

その一方で、ヨギボー店舗で買う上で注意しておきたいこともあり、ヨギボー店舗からの持ち帰りについて良い点・注意点を併せて12のポイントについて解説しています。

ヨギボー店舗に行く前の必読記事!

ヨギボーは店舗から持ち帰れるのか?

ヨギボーストア(実店舗)

この記事を読み進めていくにあたり大前提として

「ヨギボーは店舗から持ち帰れるのか?」という点ですが

小物もソファもサイズやカバーカラーの在庫が店舗にあれば、店舗で購入し持ち帰ることができます。

では、Yogibo(ヨギボー)を店舗から持ち帰る場合のメリット・デメリットについて順を追ってみていきます。

まずはヨギボー店舗からの持ち帰りのメリットについてです。

ヨギボーソファを店舗から持ち帰るメリット

ビーズソファ・ビーズクッションのメリット

ヨギボーを店舗から持ち帰るメリットは3つあります。

  • 店舗でヨギボーを試せる
  • ヨギボーをすぐに使える
  • 送料を節約できる

ヨギボー持ち帰りについて知っておきたい10点のうち、まず上記3点は持ち帰りにおけるメリット。


「店舗でヨギボーを試せる」

ヨギボーソファのサイズをじっくりと選びたい場合や購入するソファサイズがまだ決まっていない場合は、ヨギボーを実際に試せることができる点は店舗で購入する大きなメリットです。

「ヨギボーをすぐに使える」

ヨギボーラックスドロップ(yogibo Luxe Drop)
ヨギボーポッド

ヨギボーを買ってから使えるまでのその間は早く使ってみたいと、ワクワクしますよね!

店舗で気に入ったYogibo(ヨギボー)を持ち帰ることができれば購入後自宅などですぐに使うことができる点も、実店舗購入のメリットです。

また、ヨギボー店舗に行けば配送日数を待たずに手に入るため、プレゼントや急ぎの買い物ではヨギボー店舗に出向くことで少しでも早く購入することができます。

Yogibo公式オンラインストアでは注文後、通常1〜3営業日以内に発送されます。



「送料を節約できる」

店舗から持ち帰りでは配送料がかからない点は、ヨギボー店舗で購入する魅力的なメリットです。

ヨギボーソファの場合はサイズによりますが、一般インテリア等の大型商品の配送料がかかってくるため、送料だけでも数千円の出費となります。

現在、ヨギボー通販の送料無料基準は税抜5万円以上となっているので、5万円未満の買い物の場合には「送料を節約したい」と考えるのももっともなことでしょう。

ヨギボーでは送料無料セールが開催されることもありますが年に数えるほどなため、ヨギボーの購入費用を抑えようと実店舗に出向いて送料を浮かせるのは手っ取り早い方法です。

➤ヨギボーの送料については「Yogibo(ヨギボー)の詳しい送料【公式通販・実店舗】」の記事で詳しく確認することが可能です。

\ 最新セール実施を確認! /

Yogibo公式ストア

さて、先にヨギボー実店舗で購入して持ち帰る場合のメリットを確認しましたが

ヨギボーを実店舗で購入して持ち帰ろうとする場合のデメリットを見ていきましょう。

ヨギボーソファを店舗から持ち帰るデメリット

ビーズソファ・ビーズクッションのデメリット

ヨギボーを持ち帰るにあたって注意しておきたいデメリットは全部で9つあります。

  • 店舗に在庫がない場合がある
  • 店舗でも送料がかかる場合がある
  • ヨギボーの取り寄せができない
  • 店舗までの交通費やガソリン代がかかる
  • ヨギボー店舗購入に時間がかかる
  • 持ち帰る時のヨギボーの意外な重さ
  • 持ち帰る時のヨギボーのスペース
  • ヨギボー通販セールが適用されない
  • 店舗ではポイントがつかない

ヨギボー店舗に出向いて買うことのデメリットを1つずつ確認していきます。

ヨギボーへの独自取材でわかったことも多々あります。想定していたよりもヨギボー店舗からの持ち帰りはデメリットが多い印象でした。

「店舗に在庫がない場合がある」

ビーズソファやグッズなどの在庫情報

ヨギボー実店舗に出向いても在庫が店舗にない場合があります。

実際にヨギボーに取材をしたところ

「ヨギボーソファは比較的大きいもので

店舗に多くの在庫を抱えることは難しいのでショールームとして活用してほしい」

と回答をもらいました。

ヨギボーを店舗から持ち帰る場合には

  • 購入したいヨギボーソファのサイズ
  • 購入したいヨギボーソファのカバー色

当然この両方を満たすヨギボーの在庫が店舗にあることが条件となります。(小物類も同様)

つまり、せっかく「ヨギボー店舗に出向いても在庫がない可能性が高い」というデメリットがあります。

ヨギボーに限らず大型インテリア商品は店舗に行っても、店頭に並んでいるものはあくまでディスプレイであり注文後、後日配送の場合も多いです。

\ 最新在庫をすぐに確認可能 /

Yogibo公式ストア

「店舗でも送料がかかる場合がある」

ヨギボーの配送段ボール

ヨギボー店舗に出向いても送料がかかることがあります。

「在庫がなかった」場合にヨギボー実店舗で購入すると、ヨギボーの在庫センター等で在庫確保後、自宅など指定場所への配送手配となります。

この場合の送料は購入者負担になるので、ヨギボー店舗に出向いたとしても結局送料がかかることになってしまいます。

店舗で在庫がなかった場合の配送手配でかかる送料は、ヨギボー通販で購入した場合にかかる送料と同じです。



「ヨギボーの取り寄せができない」

ヨギボーマックスラックス(Max Luxe)ライトグレー
ヨギボーラックスシリーズ

ヨギボー実店舗では取り寄せができません。

店舗で欲しいヨギボー商品の在庫がなかった場合、配送のみでの手配となります。

一般的な話でいうと、欲しい商品の在庫がお店になかった場合に取り寄せてもらい

「入荷したら連絡をもらって買いに行く・もしくは前払いをしておく」という方法をとることがあると思いますが

このような実店舗での取り寄せはYogibo(ヨギボー)では実施していません。

人気商品がゆえというところでしょう、「Yogibo(ヨギボー)の店舗では来店された方がその場で購入するに限る」という方法をとっています。

確かにこれだけ人をダメにするソファとして人気があるYogibo(ヨギボー)を取り置きが可能となってしまうと、店舗側は混乱しそうだなと思います。

「店舗までの交通費やガソリン代がかかる」

ヨギボーレインボーマックス・ドロップ・ロール・サポート

当然、Yogibo(ヨギボー)店舗に行くのは交通費がかかります。

ヨギボー店舗がごく近くにある場合はガソリン代や電車代は数百円程度で済むかもしれません。

ただ、ヨギボー店舗が近くにあるとは限りませんし

もし車で店舗に出向いた場合はガソリン代・駐車場代、場合によっては高速代などの有料道路代もかかります。

電車でも近くない場合や乗り換えがあったりバス使用などもありますでしょうし、往復で1,000円程度かかることもあるでしょう。

ヨギボー店舗からの持ち帰りは送料が節約できる代わりに、交通費がかかります。

ヨギボーの送料を浮かせようと店舗に出向いたものの

「店舗に在庫がなく交通費だけはかかってしまった」

「店舗に在庫がなく配送となり、通販と同じ送料+交通費がかかってしまった」

ということにもなりますので

送料節約を考えている場合はこのようなケースに注意です。

\ 最新在庫が確認可能 /

Yogibo公式ストア

「ヨギボー店舗購入に時間がかかる」

ヨギボーストア(実店舗)

ヨギボー店舗での購入は時間に余裕を持つ必要があります。

欲しいヨギボーソファが決まって会計後、少なくとも15分程度はみておくといいでしょう。

会計後に、ヨギボーソファをカバーに入れるという作業を店員さんが行うため、カバーにヨギボーソファを綺麗に入れるために時間がかかることもあり、混雑していると更に時間がかかってしまいます。

「持ち帰る時のヨギボーの意外な重さ」

ヨギボー(ライトグレー)でスタイリッシュにまとめた部屋
ヨギボーマックス(ライトグレー)

ヨギボーを店舗から持ち帰るには、実際は重く感じます。

Yogibo(ヨギボー)は自宅で移動するには確かに軽いビーズソファで、固定ソファより断然移動性が高く、その点も魅力の1つです。

しかし、長い距離を運ぶと重いんです。

一番小さいヨギボーピラミッドで3.1kg。

一番人気のヨギボーマックスは8.5kg。

家の中で移動できるソファとしては軽いですが、自宅の中での移動とヨギボー店舗から自宅までの移動では距離が全く違いますので、長距離を運んで帰るにはかなり大変だと思ってください。

特に電車で持ち帰る場合はこの「重さ」に気をつけて欲しいと思います。

ヨギボーマックスなどの寝転がれるサイズを店舗から持ち帰ってる方もいますが、ヨギボーに取材したところ

「在庫さえあれば持ち帰りばできます。ただ、実際には大きいソファサイズになればなるほど持ち帰る方は少ないです」

と回答をもらいました。

男性だとしても実際には「予想以上に重かった」という声が届いています。

「持ち帰る時のヨギボーのスペース」

ヨギボー立てて収納できる省スペース
ヨギボーマックス

ヨギボーを持ち帰る際には、重さだけでなくスペースにも注意が必要です。

電車でヨギボー持ち帰れる?

特に電車で持ち帰ろうとしている場合には、混雑している時間帯の電車に乗るのはお勧めしません。

ヨギボーマックスでしたら人の身長ほどありますし、

最も小さいサイズのヨギボーピラミッドでも人1人以上の場所をとります。

もし電車でヨギボーソファを持ち帰る場合には、比較的空いている時間帯や可能であれば空いている路線などを選ぶといいでしょう。

電車でヨギボーを持ち帰る
Getty Images

実際に筆者もヨギボーミニを店舗で購入して電車で持ち帰ったことがありますが、重さとスペースの問題を実際に感じました。大変な思いをして電車ではもう持ち帰りたくありません(笑)ヨギボーソファは確かにソファとしては軽いですが、持ち運んでいる距離が長くなればなるほど、どんどん重く感じていきます。パッと運べるから大丈夫!と考えるのは安易かもしれません。

車でヨギボー持ち帰れる?

車の場合は、ヨギボーソファ1つであれば店舗から持ち帰ることが出来ると思います。

仮に、運転席と助手席1人ずつの乗車で、後部座席や荷台が空いていればヨギボーソファの1つは大抵入るでしょう。(余程小さいアンティーク車でない限りは!)

ただし、リラックスオプションなども併せて購入する場合やヨギボーソファを複数購入する場合、つまり大型商品が2つ以上購入する場合は、車に入らないことやバックミラーなどの視界を妨げる恐れがありますので、安全上お勧めできません。

ヨギボーを車で持ち帰る場合の例(軽自動車)
ヨギボーマックス1個が限界ですよね...!
「Yogibo Max購入
車ギリギリ入りました」
引用元:@AAAyanE_

Yogibo(ヨギボー)は現在5万円以上で送料無料なので、ソファやリラックスオプションの複数購入の場合は送料無料に達する場合も多々あり、通販購入で送料無料活用をお勧めします。➤ヨギボーを送料無料で買う組み合わせを紹介

「ヨギボー通販セールが適用されない」

ヨギボー実店舗では通販限定セールが適用されません。

ヨギボーセールには、

  • 実店舗と通販の連動Yogiboセール
  • 通販限定Yogiboセール

があります。

通販限定でヨギボーセールやキャンペーン・プレゼント企画を実施することがあります

一般的にもそうですが、店舗側としては通販で購入してもらった方が人件費などさまざまな経費を削減できます。

経費がかかりにくい分購入者に還元しやすいのが通販です。

「送料を節約しようと思って店舗に出向いたけど実はヨギボーで通販限定セールを実施していた」

なんてことにならないように、

Yogibo公式オンラインストア」でヨギボーセールが実施していないかチェックしておきましょう。

「ポイントがつかない」

ヨギボーをより安く買う方法

Yogibo(ヨギボー)には独自の会員ポイントプログラムはありません。

そのため、ヨギボー実店舗で購入してもポイントバックなどの特典はありません。

ポイント制度がないのはヨギボー通販本店でも同様ですが、

ヨギボー通販では楽天市場店などのポイント獲得ができるモールに出品しています。

Yogibo公式ストア楽天市場店で購入すれば常に3%のポイント付与があるため実施3%OFFでヨギボーを買うことができます。

さらに楽天市場であればポイントアップキャンペーンを頻繁に実施していますので、より高い割引率でヨギボーを購入することも可能です。

特に0と5のつく日は+5%ポイントアップを実施していますので、実施8%OFFでヨギボーを買うことができます。

Yogibo(ヨギボー)の送料無料セールを待ったり、送料節約のために実店舗に出向く必要もないわけです。

買いたい時に買える上に、割引を受けることもできます。

そして、獲得した楽天ポイントはYogibo(ヨギボー)以外の商品を買うのに使えますし、街中でも楽天ポイント利用の選択肢が広いため活用しやすいポイントとなっています。

-セールを待たなくても安い!-

\ いつでも実質3%割引 /

Yogibo公式ストア楽天市場店

ヨギボーの送料について

さて、ここで改めてYogibo(ヨギボー)の送料について確認しておきます。

やはりヨギボー店舗からの持ち帰りを検討する場合「高い送料を浮かせたい」場合が特に多いかと思います。

確かに、ヨギボーソファの送料は高いので、このように考えるのも当然の成り行きでしょう。

ヨギボーソファやリラックスオプションなどの大型商品は大きさに応じた配送料となりますが

ヨギボーの小物類については通常配送料で、例えば本州の配送であれば税抜430円〜800円程度の配送料となります。

例えば、人気のヨギボートレイボーの基本配送料は税抜430円(税込473円)です。

ヨギボートレイボーの送料

「ヨギボーの送料は高い」と認識されることがある一方で、小物送料はその大きさに応じた送料となっており決して高い設定になっていません。

電車代などの交通費と比較しても送料と同じか、送料の方が安く済む場合も多いことを知っておきましょう。

➤ヨギボーの送料については「Yogibo(ヨギボー)の詳しい送料【公式通販・実店舗】」の記事で詳しく確認することが可能です。

ヨギボー送料無料セール

ヨギボーソファの送料を安く済ませたい場合、「ヨギボー送料無料セール」を活用するのも1つの方法です。

ヨギボー送料無料セールの実施頻度は多くても年に数回と多くはありませんので、送料無料セールで買いたい!という場合にはYogibo公式ストアをこまめにチェックするといいでしょう。

もしくは当サイトでもヨギボーセール実施情報や予告情報をいち早く配信していますので、そちらでも確認してみて下さい。

ヨギボー最新セール情報

-セールを待たなくても安い!-

\ いつでも実質3%割引 /

Yogibo公式ストア楽天市場店

「ヨギボー店舗からの持ち帰り」
まとめ

ヨギボーの持ち帰り

Yogibo(ヨギボー)の店舗からの持ち帰りについて詳しく見てきました。

店舗からのヨギボー持ち帰りには良い面もあり、注意したい点もありましたね。

店舗ではヨギボーを実際に試せること、在庫があればそのまま持ち帰ること出来ること、結果として送料も浮くというメリットがあります。

一方で、ヨギボーソファは持ち帰る際には重さやスペースなど考慮しておかないいけないこともあり、さらには店舗に在庫がない場合には結局送料のかかる配送手配となります。

ヨギボー店舗にいくにしても、交通費やガソリン、時間もかかりますので全く出費がないわけではありません。

ヨギボーソファの持ち帰りは実際に筆者もやってみて大変だったのでお勧めはできないことと、小さいサイズであっても「思ったより大変だった」という声も届いています。

ヨギボーを試したいのであれば是非どこかに出かけるついでに実店舗に行ってみることをお勧めします。

あとはじっくり検討して、通販のセールやポイントを活用すると自宅にいながら楽にお安くヨギボーを買うことができるでしょう。

好みのヨギボーは決まってる? Awesome Yogibo !

-人をダメにするソファ-

Yogiboで最高のリラックスを

ヨギボーマックス・ベストセラー

Yogibo公式ストア


この記事を読んだ人に読まれています

 

Yogibo(ヨギボー)魔法のソファーまとめ トップページ

ヨギボーブラックフライデーセール2022

\ ヨギボーブラックフライデーSALE /
-11/25(金)AM0:00スタート!-
【Yogibo公式ストア】



-Yogibo (ヨギボー)の販売店, ヨギボー店舗一覧
-