【This is Yogibo Story】子供も大人も楽しめるヨギボーソファーは、家族への愛から生まれたものだった。

人をダメにするソファーとして多くの人を魅了してやまないヨギボーソファー。

屋外 ヨギボーソファー

そんなヨギボーソファーは、実は妊娠中の妻を想いつくられたものだった。

yogibo-heart

アメリカ本国でヨギボーソファーを開発し、広めたYogiboアメリカ本社のCEO、Eyal Levy。

なぜ、子供から大人まで使えるヨギボーソファーというスタイルがうまれていったのか。ヨギボージャパンに掲載されたEyal Levy本人のコメントを紹介しよう。

thisisyogibostory

ヨギボーの誕生秘話

約12年前に、私の妻が妊娠しました。妻はうつ伏せで寝るのが好きだったので、妊娠した後、気持ちよく寝れなくなってしまいました。

私は伸縮性のある生地のビーズソファのコンセプトをひらめきました。「これは妻の悩みの解決策になる」と思い、このアイディアを実装しました。

こうして、最初のYogiboが完成しました。完全に身体にフィットし、妻はうつ伏せで寝れるようになりました。また妊娠中の生活もとても楽になりました。

息子が生まれた後、このビーズソファは子供たちの遊び場になりました。家に遊びに来た友達が全員、この非常に気持ちいいビーズソファに驚きました。

ヨギボーソファーと子供

子供と大人関係なく、みんながこのビーズソファで遊びました。友達から「私達にも1つ作ってほしい」 と言われ、その後私は仕事をしながら、自宅の地下室で試作品を作り始めました。

中に充填するビーズの入れ方を改善し、子供たちが遊べるぐらい強い生地を開発し、米国の規制や基準をクリアしました。そして、今もより良いライフスタイルを作るために、新商品開発とアイデアの実現に専念しています。 Eyal Levy, yogibo CEO

妊婦さんでも楽な体勢がとれるヨギボーソファーの誕生

ヨギボーサポート

日本では、ヨギボーサポートが授乳クッションとしても活用できると、じわじわと注目を集めているが、実はヨギボーソファーそのものが体が重くて思うように動けない妊婦さんでも楽に過ごせるように考えられたものだったのだ。

   魔法のソファヨギボー公式HP  

 

授乳クッションとしてのヨギボーサポート   授乳クッションとしてヨギボーサポートの使い方

ヨギボーサポートのアイコンヨギボーサポートについて基本情報【大きさ・使い方・カバー】

 

ヨギボーを生み出した彼は、ヨギボーへの想いを今でも直接カスタマーに伝えるアメリカ本国で開催されたヨギボーイベントの様子。

ヨギボーの誕生秘話

ヨギボーソファーの誕生秘話
自らイベントに出向いて、ヨギボーソファーの使い方やその魅力について伝えているのだ。
ヨギボーの誕生秘話

ヨギボーには、子供が楽しめる遊びゴコロ満載のグッズがある。ヨギボーソファーの1つハギボーもそうだ。

ヨギボーのハギボー

こんな可愛らしいデザインのビーズソファー、一体誰が思いつくのだろうか。大人も子供も”遊べる”。

そうヨギボーが提案するのは最高のリラックスだけではなかった。多くの人を惹きつけるヨギボーは、こんな風に生まれてきたのだ。

ヨギボーマックス

 

   魔法のソファヨギボー公式HP