ニトリのビーズクッション販売終了。ビーズソファとして再販!しかし、値上り。

ニトリのビーズクッション販売終了。ビーズソファとして再販!しかし、値上り。

ニトリのビーズソファ

“人をダメにするソファ” というキャッチフレーズで人気を博しているビーズソファ。安い価格での品揃えが魅力なニトリでもビーズソファーを販売している。

ニトリでは、以前はビーズクッションという名前で販売していたが販売終了へ。そして、ビーズソファーとして新発売に至った。

繰り返しになるが、ニトリの魅力は安さにある。無印良品よりもヨギボーよりもずっと安く購入出来るのが魅力だった。それなのに、値上りしてしまったのだ。

まずは値上り前のニトリビーズソファについて確認しておこう。

 

この記事のニトリビーズソファ価格は、2017年3月までのものです。2016年のニトリビーズソファーの値上げ、2015年時点でのニトリビーズソファーの価格について書いています。

2017年3月、ニトリは再度ビーズソファーの価格変更を行いました。2018年最新のニトリ・ビーズソファー価格に関する記事は『二トリのビーズソファー値下げへ

 

値上がり前ニトリのビーズソファについて(旧ビーズクッション)2015年

2015年上半期では、ニトリはビーズソファを『ストレッチ ビーズクッション』として売り出していた。

〔2015年上半期〕ニトリのビーズクッション(Nストレッチ)
ニトリ ストレッチビーズクッション

ニトリのビーズクッションの大きさは、幅や高さなど無印良品の『体にフィットするソファ』と全く同じだった。しかしながら、ニトリではビーズソファではなくビーズクッションという名前で、クッションという名前に相応しい値段4,900円という安い値段で販売していた。

2015年上半期 ニトリ・ビーズクッションと無印良品・体にフィットするソファの比較
ビーズソファ 長さ 厚み 重さ 税抜価格
無印
良品
体にフィットするソファ 65cm 65cm 43cm 6.0kg 14,583円
二トリ ストレッチビーズクッション 65cm 65cm 43cm 4.0kg 4,900円

※価格は、無印良品・ニトリともに本体+カバー(別売)の合計税抜金額。

無印良品『体にフィットするソファ』の価格が15,000円弱なのに対して、ニトリのビーズクッションはなんと4,900円。ニトリの方が2.0kg軽くビーズのボリュームが少ないという違いがあったとしても、10,000円の価格差を考えたら妥当なものだった。

人をダメにするビーズソファが欲しい、でも高い。

 

そんな風に感じていた人に、ニトリは低価格でビーズクッションという名のビーズソファを提供していたのだ。しかし、2016年になってニトリがビーズクッションのリニューアルを行った。そして、同製品がリニューアルされる形でクッションから”ビーズソファ”と名称変更されたのだ。

2016年以降、リニューアルされたニトリのビーズソファーについてみていこう。

ニトリのビーズソファ(リニューアル後)

ニトリのビーズクッションが、ビーズソファとしてリニューアル発売されたものの『ビーズソファーにリニューアルしました!』 という売り出し方はしていない。

〔リニューアル後〕ニトリ・ビーズソファ

ニトリ ビーズソファー 色201604ver

商品説明にも以前のビーズクッションと比べて新しいビーズソファーの何が変わったとは明確に記載がなかった。そのため、もしかしたら名称変更と価格変更だけなのかなと推測してしまう。

リニューアル前は1種類だけだったビーズクッションは、リニューアル後は2サイズのラインナップに変わった。どんなリニューアルが行われたのか、値段はどのくらい上がったのか下記表で確認してみよう。

ニトリのビーズソファ 長さ 厚み 重さ 税抜価格
【リニューアル前】
ストレッチビーズクッション
(Nストレッチ)
65cm 65cm 43cm 4.0kg 4,900円
【リニューアル後】
ビーズソファ大
(Nストレッチ)
65cm 65cm 45cm 6.0kg 11,093円
【リニューアル後】
ビーズソファ小
(Nストレッチ)
65cm 65cm 35cm 3.5kg 6,001円

※価格は本体とカバーの合算

 

リニューアル前のビーズクッションと同じ大きさの商品は、ビーズソファの大サイズだ。65cm四方で厚みが45cmのビーズソファ。厚みが2cm違うのは、誤差の範囲。大きさは全く一緒といっても良い位だが、重さが2kgも違う。

リニューアル後の二トリビーズソファは、重さ6.0kgとリニューアル前の4.0kgより2.0kgも重くなっているのだ。


▼ビーズソファ大きさが変わらないのに、重くなっているということは?

ニトリ・ビーズソファの大きさは、リニューアル前後で変わっていない。しかし、重量が2kgも重くなっている。 それは、ビーズソファの内容物であるビーズの量をアップしたためだ。ビーズソファの難点”へたり”に対応するためだと思われる。(ビーズの品質が変わったのではない)

ニトリビーズソファのヘタリ方・・・予想以上。

ニトリビーズソファ へたり
from 瑠璃色日記

最後は、勢いをつけて座るとお尻が床にあたる程に、ビーズのボリュームがなくなる。様々なビーズソファを試してきた人には、ニトリのビーズソファがへたりやすいのは周知の事実といっても過言ではないくらい。

仮にヨギボーソファーで使用される高品質なマイクロビーズの場合、ニトリ・無印良品と同じ大きさのビーズソファであっても、ボリュームを保ちながら4.0kgという軽さも維持できることを頭に入れておきたい。

 

二トリはビーズソファーリニューアル後値上りしてしまったわけだが、そうなると無印良品との価格差は縮まる。

リニューアル後のニトリ VS 無印良品のビーズソファ。立ち位置はどう変わった

リニューアル前のニトリビーズソファーは、4900円という圧倒的な安さを提供していた。ビーズソファーをまずは試したい。ビーズソファーは、ヘタったら買い換えたい。そんな志向をもつ人にとっては、嬉しい限りだった。

リニューアル後、ニトリで販売されているビーズソファの大きさは大・小、2種類。これを無印良品『体にフィットするソファ』と比較してみよう。

▼ニトリ VS 無印良品 ビーズソファの比較

ニトリのビーズソファ・リニューアル後、無印良品と同じ大きさのビーズソファ大サイズは、本体とカバーを合わせて11,000円程度となった。これに対して、無印良品『体にフィットするソファ』は、14500円から購入できる。

リニューアル後のニトリ・ビーズソファ
無印良品『体にフィットするソファ』の比較
ビーズソファ 長さ 厚み 重さ 税抜価格
無印
良品
体にフィットするソファ 65cm 65cm 43cm 6.0kg 14,583円
二トリ ビーズソファ大
(Nストレッチ)
65cm 65cm 45cm 6.0kg 11,093円
ビーズソファ小
(Nストレッチ)
65cm 65cm 35cm 3.5kg 6,001円

ニトリのビーズソファ・リニューアル前は、圧倒的な安さでニトリの良さを明確にしていたが、リニューアル後は価格優位性が薄れてしまった。

無印良品・二トリのビーズソファに更にヨギボーソファーを数種類比較表にプラスにしたのが次。

ビーズソファ 長さ 重さ 税抜価格
ヨギボー ヨギボーマックス 170cm 8.0kg 29,800円
ヨギボーミディ 125cm 5.9kg 25,800円
ヨギボーミニ 85cm 4.2kg 19,800円
ヨギボーピラミッド 76cm 3.1kg 9,900円
無印
良品
体にフィットするソファ 65cm 6.0kg 14,583円
二トリ ビーズソファ大
(Nストレッチ)
65cm 6.0kg 11,093円
ビーズソファ小
(Nストレッチ)
65cm 3.5kg 6,001円

ヨギボーソファの一番人気は日本上陸以来ヨギボーマックスだが、ヨギボーピラミッドなどの低価格のビーズソファも加わった。そうなるとやはり値上がりした二トリのビーズソファーは優位性が厳しいなと思わざるを得ない。

ニトリでも1万円するビーズソファ。そこそこのビーズソファを楽しみ、買い替え前提。極上のダメにするビーズソファで、長く使う。さああなたはどちら?

大ヒットした無印良品『体にフィットするソファ』

無印良品『人をダメにするソファ』欠点3

ビーズソファの代表格、2013年に爆発的な人気を博した無印良品『体にフィットするソファ』。

ヨギボー 人をダメにするソファ

ヨギボーマックスの使い方リクライニングチェア2014年にアメリカから日本に上陸し、そのビーズソファの品質の高さから瞬く間に多くのファンを虜にしたヨギボー『快適で動けなくなる魔法のソファ』。

 

 魔法のソファヨギボー公式HP 

 


ビーズソファの公式オンラインショップ
この記事を読んだ人に一緒に読まれています